post

中古車を取扱う業者にとって

中古車を取扱う業者にとって二重査定制度は都合が良い制度ではありますが、ユーザーにはかなり不利な制度です。


悪質な業者にひっかかると、この精度を巧妙に利用して、査定金額を大きく下げることもあります。


二重査定制度で発生する問題を防ぐためにも、契約をする際に契約書にしっかり目を通すこと、査定時に明確にクルマの状態を報告することが大切です。


車を売る時に注目するのは、車にどれくらいの価値がつくものなのかということだと推測できます。


当たり前のこととして、個体差があることは理解できますが、車買取相場表みたいなもので、事前に見定めておけると、心を落ちついけて話し合うことができると思います。


車の買取サービスは、基本的に手数料は無料です。


しいて言えば、車の名義変更に伴う費用でしょう。


売主でなく買主側で変更するのが慣例になっていますから、買主は代行手数料という形で支払います。


代行手数料の支払いは、買取価格から差し引く形が多いようです。


そうでないときは、契約後に別途支払うこともあります。


定価はありませんが、ここで利益を出そうという業者はいないので安心してください。


そのほか、細かいことですが、売主側のほうで印鑑証明と住民票をそろえる必要がありますから、その費用がだいたい600円前後かかります。


まれに戸籍の附表が必要なときは、別途取得費がかかります。