post

クルマ査定の際、洗クル

クルマ査定の際、洗クルマを済ませておいた方がいいのかどうか、というのはこれについては、意見は割れています。


普通に考えると、査定の人に見てもらうのですから、きれいにしておいた方が、少しは良い結果につながりそうなものですが、きれいに洗クルマしてしまうと、結果として隠れていた細かいキズも目に見えるようになってしまうのです。


とはいえ、査定を担当する人もそこはプロです。


洗車の有無に関わらず小さいものでもキズをチェックできないわけがありません。


ということであれば、汚れたクルマを見てもらうより、多少でも印象を良くするために、ざっと汚れを落とすくらいは、是非しておきたいものです。


愛車の査定をする場合、お店に出向いたり、業者のほうから自宅へ足を運んでもらうのが一般的です。


また、メールでの中古車査定を行っている業者もあります。


この場合、買取業者と直接やりとりをしなけらばならないため、けっこう面倒なのです。


そんな中には、しつこく何回も営業をかけてくる場合もあるので、もう勘弁して欲しいと感じることもあるでしょう。


事故車両の時は、修理料金をはずんでも、事故以前と同等のレベルにすることもよくある事です。


事故の時に車が受ける衝撃によって、フレームがガタガタに歪んでしまうと、完璧には修理できないこともあります。


事故車両に修理代を使っても、事故車両を専門に買取している業者に売り払って、新クルマを買う方が安全面ではおすすめです。