post

ローンが完済していない

ローンが完済していない場合、下取りや査定に出すことは視野に入れても良いのでしょうか。


中古クルマ販売店の名義で車に所有権があるときは所有権の効力を失くすためにローンの一括返済が不可欠です。


そんなとき、ローン残高を新規のローンに上乗せして、ローン残金を完済返済すれば、ローン重ならずに、不幸にして事故を起こしたクルマであっても査定を受けることは可能ですが、つけてもらえる査定の金額は低いでしょう。


そうはいっても、事故を起こした車ということは隠そうとしたところで査定する人には隠しきれないので、マイナスのイメージになります。


事故でのダメージが相当大きい場合は、事故車専門の中古買取業者に査定をお願いするといいと思います。


こちらの方が高い額を提示してくれることも少なくありません。


中古車の買取してもらう場合にわずかな額でも査定を高くしようと車検切れした車を車検に通してから査定に出そうとする人も多くいます。


買取、査定の場合、自社工場で車検を通すところが多いので、上げてもらえた、査定金額よりご自身で通したクルマ検金額の方がかかってしまうのです。


車検が間近に迫った時でも、とりあえず、買取、査定をそのまま受けた方が良いのです。