post

父が14年ほど乗ったワゴンクルマ

父が14年ほど乗ったワゴンクルマを買い換えることを決めたようでした。


ちょっとした知り合いの車買取業者に、父が車を見せると、ずいぶん年数も古いし、質も悪くなっているので、廃クルマにする方が良いと言われてしまい、買い取ってはもらえませんでした。


ですが廃車にしてしまうと諸費用もかかってくるので、私の父はその車を査定業者へ引き取ってもらっていました。


先日、結婚を機に、それまで乗っていた軽自動車を売って、今度は大型車に買い換えました。


きっと軽自動車なんて売っても、ろくにお金にならないだろうなと思っていたのですが、査定に出したら仰天しました。


考えていたより随分と提示された買取価格が高かったのです。


中古車を取り扱う業者によれば、軽はは人気があるので、高い価格で引き取ってくれるそうです。


車の査定額は天気次第で変わりますよね。


青空の広がる日、洗車済の車を持って行ったなら、見た目がよりキレイに見え、車を大切に扱っていることもわかりますので、査定金額は上がるはずです。


一方、雨が降る日は、細かな傷のチェックなどができず、どうしても査定する方が慎重にならざるを得ず、この上なく低い価格を提示されることがあるといいます。


そのため、車査定は天気のいい日に行うことをお勧めします。