post

訳ありのクルマ、例えば事

訳ありのクルマ、例えば事故を起こしたことのあるクルマだった時などには、値がつくかどうか思案することもあるでしょう。


買い換えるのが新車だと決定していれば新車購入時にディーラーに買取の相談を行うのが、最も確実です。


車買取業者に買取を依頼する際には一般的な買取と同じように年式、走行距離、そして部品状況などにより価格に差異が出てきます。


現行の型で、さらに純正の部品のみなら割合高値で買い取られることが多いです。


クルマの「無料査定」を謳っている業者は多いですが、買取サービス全体が無料だと思っていただいて構いません。


しいて言えば、車の名義変更に伴う費用でしょう。


業者(買主)に手続きを一任するなら代行手数料がかかります。


名義変更にかかる代行手数料は査定金額と相殺してもらえるなら現金のやりとりは必要ありません。


相殺しないときは契約を締結したあとで別途支払うこともあります。


定価はありませんが、ここで利益を出そうという業者はいないので安心してください。


そのほか、細かいことですが、元の所有者の印鑑証明書と住民票が必要なので、取得費として印紙代がかかります。


自治体によって差はありますが両方あわせても1000円未満でしょう。


車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。


最近はネットで複数の買取業者に査定依頼できるので、1社による下取りではなく競合見積りにすれば、高値も期待できるのではないでしょうか。


手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、車のコンディションや年式によっては買取より買取のほうが妥当なケースも多いと思います。


私も買取してもらう予定でしたが、中古クルマ業者が近所にできたので査定を依頼したところ、買取のほうがダントツで高かったんです。


買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。


30万円以下なら現金払いもできるそうです。


ともあれそのお金で下取りなしで車を購入。


月々のローンを軽減することができました。


ほんの1週間の時差で得するなら、そちらの方がいいですよね。