post

家族が増えたのでいままでよ

家族が増えたのでいままでより大きな車に買い換えようと思い、思い切ってちょっと高い買い物をしました。


古いクルマは下取りしてもらうことになったのですが、いま思うと下取りも買い替えも初めてでしたから、「勉強させていただきます」の言葉を鵜呑みにしてその価格で即決してしまったのです。


家に帰って中古買取サイトを見ていたら、けっこうな高値で、買取のほうも検討してみるべきだったと思うと、無性に残念な気がしてたまりませんでした。


買取で低く評価されてしまうクルマといえば、改造車ですね。


手広くやっている買取店なら、装備品がメーカーやディーラーの純正品であれば査定で有利になります。


需要があるのはサンルーフや純正ナビ、革シートなどで、これらは査定金額にプラスに影響しますが、一方で、車高調整していたり、純正以外のアルミホイールやエアロを付けているとあまり高い評価にはなりません。


買取に出すクルマがスポーツカーであれば、専門店が最も高値を付けてくれるでしょう。


象徴的な軽自動車として知られているスズキのワゴンRは、軽自動車のウィークポイントとされていた車内の狭さをクリアしているのが良い点です。


ワゴンRは、女の方だけでなく男性にも合っている軽自動クルマを目指し、圧迫される感覚が軽減され、周囲を確認しやすくなっています。