post

車の査定は効率的に行いたいものです

車の査定は効率的に行いたいものですが、その流れとしては、一括査定サイトなどで複数の中古車買取業者に査定を申し込み、実物の査定の際は数カ所をチョイスして行います。


そして、実際に買取してもらう業者を選び出し、契約書にサインをします。


買い取ってもらったお金はその場ですぐ、ではなく、後日、ケースとして多いのは口座に振り込まれる流れですが、買い取ってもらう業者の規模があまり大きくない時には、不測の事態を避けるため、口座に振り込んでもらうのではなく、現金の取引の方がいいでしょう。


買取業者が詐欺を働く場合もあるので注意が必要です。


他よりも高額な査定金額を提示して契約を結び、色々と理由を主張して当初の提示額よりも大幅に低い額で買い取ろうとしてきます。


そんな金額では買取には出せないと言うと、クルマは既に輸送済みだなどと言って、運送費用や保管費用などと言って車の返還と引き換えにお金を取っていく手口もあります。


また、その他の例としては、クルマの受け渡しを済ませたのに買取代金の支払いがなかったというケースも少なくありません。


中古車買い取りの専門業社で査定をしてもらうなら、少し気を付けて欲しい点があります。


それは、客を騙したり誤魔化すことで小金を稼ぐ悪徳業者の存在です。


色々な理由をつけて、最初に決めた買い取り価格をどんどん安くしていったり、正式な契約の書類を作らない、書面に契約内容を明記することをしない、入金が遅すぎる、などさまざまなケースがネットに上げられています。


とは言っても、あくまでネット上に流れる口コミ情報です。


信憑性の低いものもあるでしょう。


しかし、よく知られているメジャーな業者であっても査定時にはあざといことをしてくる場合もあり、そういう可能性についても、覚えておきましょう。