post

基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際してさほど

基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際してさほど価格に影響を及ぼすものではありません。



けれどもスタッドレスタイヤを使用しているなら、ひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。スタッドレスだからといって買取拒否されることこそないものの、雪国などでもない限り業者は通常のタイヤにつけかえてから販売する必要があります。当然ながらタイヤ交換費用を差し引いた額が買取額となるので、できれば交換しておくほうがオトクです。


車の売り買いをする際は、さまざまな出費が付随しますので心に留めておく必要があります。
車を業者に買い取ってもらう際にも、手数料を払う必要があります。
会社とのやり取りにあたっては、車本体の買取価格のほか、いくらの手数料がかかるのかも確認しておいた方が良いでしょう。車査定の際、洗車を済ませておいた方がいいのかどうか、というのは洗車すべきという人、と洗わなくていいという人がいます。査定の人に隅々まで見てもらうわけですから、洗車しておけば良いだろうと考えてしまいますが、でもこうすると、車体についた細かいキズが、はっきり見えるようになってしまいます。

しかしそうやって傷が隠されていたとしても、査定担当のプロも様々な車を見てきているわけです。洗車するしないには全く関わりなく小さいものでもキズをチェックできないわけがありません。



そうであるとするなら、担当者の印象を悪くしないためにも、汚れをざっと落とす程度に、少し洗車しておくべきでしょう。ごく一般的に事故車とは、交通事故などで傷がついた車の事を指すと思いますが、これは中古車査定で使われる場合とは異なってきます。

車査定の場合の定義だと、交通事故などが原因で車の骨幹部分を交換しているか、修繕したものを事故車と言う風に呼びます。もちろん、事故車であっても査定を申し込むことは可能ですが、査定にはかなりマイナスになるでしょう。
けれども、事故にあった車ということを隠そうとしても査定する人にはバレてしまうので、マイナスになってしまいます。
事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故車専門の中古カービューの車一括査定業者に査定をお願いすると良いかもしれません。
こちらの方が高い額を提示されるはずです。売却予定の中古車の査定額が低下する要因には幾つかあるのですが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。場合により見積金額が0にまで低下する場合もあるのです。そうは言っても、事故などで修理してしまうと絶対的に修理歴車と呼称されるわけではなくて、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと中古車業界では減点査定の対象となります。



減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことではないので安心してください。
過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、部分ごとに細かく査定してそれなりの額で買い取ってくれるでしょう。
実際に車査定をするときは、多くの業者は走行距離を最初に確認します。


車の査定において、最も大切なのは走行距離です。



走行距離が10万キロを超えている車が、実際に売れるのか売れないかは車によっても異なりますが、上手くいくことは少ないと思います。


ですが、軽自動車は購入希望者も多いですし、あるいは、マニアが欲しがるような、レアなものなら、査定額が上がることもあるようです。


トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、おおよそ1万kmが標準といわれています。


年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。
ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。走行距離数が年式の割に極端に短いと、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障している可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。



去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクストレイルの買換えを検討し、中古車専門業者の買取査定を受けたことがあります。

ネットで一括査定出来るところを探して、最も高い見積もりを出してくれた業者の方に教えてもらった話なのですが、意外な事に、買取ってもらった季節が見積額を上げた要因だったそうなんです。具体的な話ですと、私がその時に売ったエクストレイルはアウトドアを好む人からの需要が高まる夏に売れるそうです。

ですので、春から梅雨時期が一番高く買い取ってくれるらしく、また車を買い取ってもらう時は季節を意識しようと思っています。