post

今乗っている車にも大変愛着があるのですが、このたび

今乗っている車にも大変愛着があるのですが、このたび家族が増えまして、我が家でも思い切って車を買い換えようという話になりました。
その時のことですが、金額を比較したかったので、いくつかの業者に査定をしてもらうようにし、最も査定額が高かった業者に売るようにしました。

足まわり、スタッドレスタイヤを履かせていたわけですが、なかなか高価な物でしたから、これで少しは高い値段がつくのではないかと思ったのですが、それ程値段の違いはなかったです。



新品でもないし、それ程良い状態のものではなかったようで、値段はつきませんでした。無料でで引き取ってもらえたので、自分で処分せずに済みましたが、スタッドレスタイヤの状態が、とても良いものであった場合だとタイヤとして、それだけを車と別に売却した方が、いい値段がつくそうです。
なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、ちょっと査定額がアップするという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になってキズや汚れなどがあっても分かりづらくなるということから夜などに査定を依頼した方が良いと言われているようです。そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど担当者も甘くはないのです。

却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。車を売却する際には、高く売ることができる時期や、タイミングを逃さないように十分気を付けることが大切です。



例えば、3月の決算期や9月の中間決算の頃には車が高く売れるのです。
あと、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車がよく売れるかと思います。こんなような、車を高く売るためには、時期を見定めるのも必要となるのです。

世間でよく言われているように、車の買取査定では、走行距離が10万キロを超えているものだと、査定を受けても価値がつかないことが多いです。



しかし、一概にそうとも言えない場合があります。



例えば、タイヤを変えてから日が新しいとか、車検まで期間が残っている場合などの、何らかのメリットがあるとすれば思った以上に値段をつけてくれる事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。こうした車の売却においては、複数の買取業者に相談してみるのが良いでしょう。
期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。
どこの販売店でもそうですが、この時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。


売る時期を特に決めていないのであれば、このチャンスを逃す手はありません。それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格も低調ですので避けた方が無難です。

中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、大抵の会社では、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。

中古自動車査定士が車のあるところまで来て現物を見ながら査定して、見積もり結果を出してくれるのです。
出張査定は一気に沢山の会社に来てもらうこともできます。

このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で査定金額の価格競争が起こるのでその結果として見積金額がアップするかもしれないのです。

頑張って複数の会社に査定してもらったのに引き取ってもらえなかった場合、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。

複数業者にタダ同然の査定結果をつけられた車も、車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。ほかに出来ることといえば廃車処分ですが、時間と手間を考えると廃車業者に売るほうが格段に簡単です。こうした専門業者の売りは、多忙な所有者に代わって廃車手続きをしてくれることですし、その上、車の処分にかかる費用が無料で済むというところです。

中古車の査定額の基準はいろいろあります。

その中でも、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。


基本的に走行距離がアップすればするほど査定金額は低下していくのです。距離数が5万キロメートル以上走っている車に関しては通常「多走行車」という呼び名があり、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。走行距離数が10万キロメートル以上の車は「過走行車」と呼ばれて、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

愛車をできるだけ有利に買い取ってもらうためには、買取を行っている業者に売ることが適当です。
多様な業者が車の買取をしているので、前もって買取金額の相場を確認して、業者との話し合いを進めていくことが肝要です。業者によって買取価格に差があるので、1社だけに査定をお願いするとお金を無駄にするでしょう。
天候によっても、車の査定額は変動します。よく晴れた日、丁寧に洗車した車を持っていくと見た感じも綺麗に見えて、大切にされている車だと言うことも伝わりますので、査定額が上乗せされるでしょう。
逆に、雨の日は、軽い傷のチェックができないため、いつもより査定員も慎重になり、最も低い価格を提示されることがあります。


そのため、車査定は天気のいい日に行うことをお勧めします。