post

事故で損傷した車は廃車処理するよりも査定を受けた

事故で損傷した車は廃車処理するよりも査定を受けた方がお得になるのは明らかです。事故で壊れた車は価値がないと想像するかもしれません。



しかし、事故車であっても、パーツとして使える部分がたくさんあり、国外でのニーズが期待できるのです。それに加えて、事故で損傷を受けた車でも専門業者が修理すればまた乗れるようになるケースもあり、思ったよりも高値で売却できることもあります。


車の買い換えですが、最近では、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。そこで注意しておくべきは、事故歴や修理歴について、相手にきちんと伝えておかないとどうなるか、です。業者に車を売る際に契約書を交わす訳ですが、そこに記載の買取査定規約を読んでみると、これには、車を売る人がその車の事故歴を把握しているなら申告義務があることが書かれています。

これにより、事故歴や修復歴をあえて隠していた、申告していなかった、という場合には、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも業者側からの事後減額要求が可能とされており、くれぐれも事故歴の申告を怠ってはいけません。
自分の車はできるだけ高い値段で売りたいものですが、そのためにはそれなりの交渉の仕方がありますから、参考にしてください。
まず最初に、いくつかの業者にあたって、価格の話をすることなく、見積もりだけしてもらいます。
そこから最も高く出してくれた見積もり額の数字を基本に業者と価格の交渉を始めます。

事がうまく進むなら、業者からさらなる高値を出してもらえることもあるでしょう。しかしながら、これを繰り返すと、車を売る気がないのだろうと思われて交渉できなくなるでしょうから、その点も少し気を付けましょう。

家族名義の車や別居の親族の車なども正式な手続きを経ることで売却が可能になります。本来提出すべき書類に加えて、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。意外とよくあるパターンとしては相続などで故人が車の所有者として登録されている場合、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。このときは、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。



その場合は書類も増えますし、売るのは簡単なことではありません。あちこち中古楽天の車買い取り店舗巡りをせずに、車の査定をネット上で可能なサイトはあっちにもこっちにも出来ています。もっと具体的な査定額に関して言えば現実的に担当者がその車を査定してみないと一台ずつの詳細な算定は不可能ですが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。

それから、極端に相場と違う価格を付けてくる店舗を候補から外して、それ以外の業者と取り引きしようと考えることも出来ますね。

走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、価格がつかないこともあります。



けれどもそれで諦めろといった意味ではありませんから大丈夫です。過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、部分ごとに細かく査定してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

買取に出そうと考えている所有車にこれでは売却したくないと考える査定金額を算出して示されたときには、売るのを止めてしまっても構いません。


中古車の査定をしたからといって、必ずしも契約しなければならないと言う決まりはないのです。



提示された最初の価格ではうなずけないと言うとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

場合によるのですが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。所有者が個人だった自動車であり、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになっています。通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、所得税を支払う可能性もあります。
車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。もちろん程度問題ですが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合には査定時に減額されるでしょう。車内に喫煙の後が残っている車は、禁煙車にしようと考えているユーザーには買ってもらうことが大変難しいからです。この煙草の臭いの元は、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。
売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、煙草の臭いはかなり少なくなるに違いありません。

たとえ自動車ローンが残っていようと買取業者に売却することは可能です。もっとも、車検証の所有者が売主である必要があります。



所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、残債を返済しきるまでの間は実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。