post

過去に修復したことがある場合などはクルマの

過去に修復したことがある場合などはクルマの査定において重要な確認事項です。


車の骨格修理や交換をしたことがある場合は、大変評価が低くなります。


たとえそうであっても、隠せるものではないので、隠したりしないようにしてください。


嘘をつくようなことをすると印象を悪くしてしまいますから、正直なことを伝えましょう。


Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が結構多いです。


自分のものではない(名義人がちがう)車を売却するときは、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明と実印を押した譲渡証明書及び売却委任状があれば代理人の方でも売却できます。


名義がクレジット会社になっている車は売却できないため、査定を断られると思います。


借入金を完済して名義を変更したのちに、査定・売却となります。


少しでも高い査定額にするためにも、限定や人気といったポイントを持っている場合には良いところなので隠さずに交渉カードとして利用したいものです。


必要以上のしつこさで迫ってしまうと、むしろ逆効果になることも考えられますのでそこは注意しましょう。


他にも、決算時期を狙う方法や、一括査定サイトを上手く活用すると有利な査定金額になるかもしれません。